当サイトコンテンツにはプロモーションが含まれています

映画「ブルージャイアント」配信サイトと作品紹介!ひどいと言われる内容も解説

映画『BLUE GIANT』は、2013年に石塚真一が「ビッグコミック」(小学館)で連載を開始した漫画「BLUE GIANT」が原作。

世界一のジャズプレイヤーを目指す宮本大を中心とした、エキサイティングで感動的なストーリーで多くの読者を魅了し、累計部数が1100万部を超える人気コミックです。

圧倒的な表現力で音楽シーンを描き“音が聞こえる漫画”と評されており、満を持して初めて映像化されました。

ブルージャイアント配信状況

配信サイトU-NEXTHuluABEMAleminoNetflixFODPREMIUMtelasadmmtv
月額料金600円2,189円1,026円960円990円790円〜976円618円550円
配信形態レンタルレンタルなしなしレンタルなしレンタルレンタルレンタル
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

映画「ブルージャイアント」作品概要

BLUE GIANT

 (4.5)

漫画「BLUE GIANT」をアニメ映画化。ジャズに魅了され、テナーサックスを始めた仙台の高校生・宮本大がジャズプレイヤーになる様を描く。

タイトルBLUE GIANT ブルージャイアント
公開日2023年2月17日
原作石塚真一
監督立川譲
脚本NUMBER 8
アニメーション制作NUT
音楽上原ひろみ
キャスト宮本大 役
 山田裕貴/馬場智章(サックス)
沢辺雪折 役
 間宮祥太朗/上原ひろみ(ピアノ)
玉田俊二 役
 岡山天音/石若駿(ドラム)

あらすじ

「俺は世界一のジャズプレイヤーになる」

ジャズに心打たれ、テナーサックスを始めた仙台の高校生・宮本大(みやもとだい)。

彼は毎日、雨の日も雪の日もたった独り、河原でテナーサックスを吹き続けていました。

高校卒業を機に大はジャズのために上京をし、高校の同級生・玉田俊二(たまだしゅんじ)のアパートに転がり込みます。ある日訪れたライブハウスで同世代の沢辺雪折(さわべゆきのり)と出会い、彼のピアノに魅了されバンドに誘いますが、本気で取り合ってもらえませんでした。

しかし、聴く者を圧倒する大のサックスに雪折は胸を打たれ、二人はバンドを組むことになります。そこへ大のジャズに対する熱さに感化され、ドラムを始めた玉田が加わり、三人は“JASS”を結成。

トリオの目標は日本最高のジャズクラブ「So Blue」に出演し、日本のジャズシーンを変えること。無謀と思われる挑戦でしたが、必死に練習し成長していく“JASS”は、次第に注目を集めるようになります。

しかし目まぐるしい躍進が続いていくかと思われた三人に、ある思いもよらない出来事が起こりますーー。

熱くなれる見どころ

本編の約4分の1程度をライブシーンが占めています。楽器演奏は、アニメーションで表現するのが難しいものの一つだそうで、制作したNUTの角木卓哉プロデューサはこのように語っています。

NUT
プロデューサー
NUT プロデューサー

制作を預かる側としては、恐怖しかなかったですね(笑)

ライブシーンの難しいポイントを克服

ライブシーンの難しいポイントは2つ。

  • 歌詞がなく、数分間にわたる楽器演奏シーンをお客さんにいかに飽きずに見てもらえるか
  • ミュージシャンの演奏する様子などをいかにリアリティをもって描くか

上記のような「見せ方の問題」「アニメーション技術の問題」があったそうです。

この2つの難題をクリアするために、「JASS」の楽曲をレコーディングする際に参考用の動画撮影だけでなく、モーションキャプチャーの動きを3DCGに反映されたものを使うなど、各カットごとに適した様々な方法でライブシーンは制作されました。

また、アニメーターも様々なジャズの演奏風景を参考にしイメージを膨らませたそうです。

それらの難題をクリアし制作されたライブシーンは映画館で見事なジャズを演奏していたと思います。大音量でジャズを聴ける機会はあまりありません。

思わず拍手したくなるライブシーン

多くの観客がスクリーンで鳴り響くジャズに感動。演奏後拍手をしたくなってしまうという声があり、拍手歓迎上映という回も劇場によっては行われています。

制作時の「劇場の最大の音量、最高の音質で本物のジャズを届けたい」というスタッフの熱意が、観客に伝わった証ではないでしょうか。スクリーンでジャズを感じたい人は是非、劇場まで足を運ぶことをお勧めします。

イベント効果で更なる盛り上がり

他にも、『BLUE GIANT』に登場するジャズクラブ「So Blue」のモデルとなった「Blue Note Tokyo」でのスペシャル上映が行われるなど、当時の熱気は収まることはありませんでした。

もう一度観たい!と思わせるような色々なイベントが開催されるのも、大ヒット、ロングラン上映の要因ではないでしょうか。また、映画を気に入ってジャズに興味を持った人が、実際のジャズを聴きにジャズクラブへ足を運ぶ人が増えそう。

ライブが4分の1あるだけに力の入れようは半端ありません。1番の見所と言って過言では無いはずです。

映画「ブルージャイアント」の楽器を担当した最高のプレーヤー

初の映像化に際し、さまざまな選択肢がある中、「劇場の最大の音量、最高の音質で本物のジャズを届けたい」というスタッフの想いから、アニメーション映画としての制作が決定。

キャストに活躍中の勢いのある若手俳優が選ばれ、大たちの挑戦を熱く演じていますが、それと同じく注目したいのはそれぞれの楽器を担当したプレーヤーたちです。

楽曲担当
  • ピアノ:上原ひろみ
  • サックス:馬場智章
  • ドラム:石若駿

本物のジャズを届けたいという意気込みのもと豪華なメンバーが揃いました。

ピアノ:上原ひろみ

映画音楽と雪折のピアノを担当したのは上原ひろみさん。第53回グラミー賞において『スタンリー・クラーク・バンドフィーチャリング上原ひろみ』で「ベスト・コンテンポラリー・ジャズ・アルバム」を受賞するなど、世界的ピアニストとして活躍しています。

2021年に行われた「東京2020オリンピック開会式」での演奏を記憶している人も多いのではないでしょうか。

劇中では雪折のピアノを演奏していますが「繊細な子なので、緊張することも多いと思う」と感じ、10代らしく、あえて肩に力を入れて弾いたそうです。

サックス:馬場智章

サックスは馬場智章さん。大のサックス担当者は国内外の有力奏者を集めたオーディションで決められました。そこで満場一致で選ばれたそうです。

バークリー音楽院時代からアメリカを拠点に活躍し、2016年から4年間「報道ステーション」のテーマ曲を自身の所属するバンド「J-Squad」で手掛け、最近では「DREAMS COME TRUE」と共演するなど国内外で注目されています。

録音時には「大っぽくない」「もうちょっと下手に」と上手すぎてダメ出しをされることもあったそうです。

ドラム:石若駿

ドラムは石若駿さん。多くの人気アーティストからオファーを受け、幅広いジャンルで活躍をしています。

今回は上原ひろみさんから指名をされたそうです。ドラム初心者の玉田の音を、わざとぎこちなく叩いたり知識がなかったらこう持つかなぁなどスティックの持ち方を工夫するところから、成長する過程を繊細に表現をしています。

BLUE GIANT配信状況

配信サイトU-NEXTHuluABEMAleminoNetflixFODPREMIUMtelasadmmtv
月額料金600円2,189円1,026円960円990円790円〜976円618円550円
配信形態レンタルレンタルなしなしレンタルなしレンタルレンタルレンタル
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト

映画BLUE GIANTは上記の配信サイトに登録後、レンタルの追加料金を課金して試聴可能です。

今後、時間が経てば無料視聴できるようになってくると思いますが、人気の映画は時間が経っても有料レンタルとしているところが多いです。

作品数ならU-NEXT

U-NEXT

U-NEXT

¥2,189(税込)

観るのも読むのもU-NEXTひとつで完結するレンタルビデオスタイルが特徴。動画:27万本(見放題作品:24万本、レンタル作品:3万本)
映画・ドラマ・アニメ・マンガ・雑誌・電子書籍まで網羅。 テレビ、スマホ、PC、ゲーム機などで閲覧可能。ダウンロード機能有。最大で3つの子アカウントを追加料金なく、無料で作成可能

U-NEXTはオンラインのレンタルビデオ店のような利用ができ、ビデオオンデマンドの中でも取り扱い作品数が最も多いところが特徴です。

動画:27万本(見放題作品:24万本、レンタル作品:3万本)

U-NEXTは毎月レンタル作品に利用できる1,200ポイントが進呈され、入会時は600ポイントが付与されるので利用することもできます。

無料期間ならLemino

lemino

Lemino

¥990(税込)

dTVがリニューアル。31日間の無料トライアル付きで低価格な月額料金設定。

映画やドラマ、アニメ、ライブ映像など約18万本の多彩なコンテンツが楽しめる。

Lemino(旧dTV)はドコモが運営しているビデオオンデマンドサイトです。

31日の無料期間と月額料金の安さが魅力で、他社よりは取り扱い作品数が多く、韓国ドラマなどにも強い特徴があります。

見たい映画がない時はその時の気分によって作品を提案してくれる機能があるため、思わぬ名作との出会いがあるかもしれません。

コミック「ブルージャイアント原作」の作品概要

BLUE GIANT コミック
created by Rinker

漫画『BLUE GIANT』は「ビッグコミック」(小学館)で2013年10号〜2016年17号まで連載されました。舞台は仙台と東京です。

その後、同誌2016年〜2020年9号までヨーロッパに舞台を移し第2部として『BLUE GIANT SUPREME』、同誌2020年11号〜はアメリカに舞台を移し第3部として『BLUE GIANT EXPLORER』が連載されています。

タイトルBLUE GIANTBLUE GIANT SUPREMEBLUE GIANT EXPLORER
舞台仙台、東京ヨーロッパアメリカ
連載期間2013年10号〜2016年17号2016年18号〜2020年9号2020年11号〜連載中
巻数10118
話数8088連載中
        2023年4月現在

「第20回文化庁メディア芸術祭マンガ部門大賞」および「第62回小学館漫画賞」(一般向け部門)など受賞多数、著名人にも絶賛されています。

映画公開後も着実に販売部数を伸ばし、2023年4月には、シリーズ累計1100万部となっています。

仙台の広瀬川から始まる物語

物語は仙台、広瀬川の土手で、夜1人で練習するところから始まります。

主人公の宮本大は、中学の時、友人に連れられて見に行ったジャズの生演奏に心打たれました。その後、たった独りでがむしゃらにテナーサックスの練習を始めます。

その練習の舞台となるのが、宮城県仙台市のシンボルとして親しまれている広瀬川です。作者の石塚さんによると、仙台の風景が構想段階のイメージとぴったり合ったそうです。

石塚さん
石塚さん

自然の中で、楽器を持たせたかった。緑豊かだとか、雪が降ってるとか。その中で、楽器を構えている1人の人間を絵で描きたかった。

その姿を通して若い人たちに「ジャズってかっこいいよね」と伝えたかったそうです。

また、作品には「国分町」や「西公園」、市内の飲食店といった実在する風景が次々と登場します。石塚さんも実際に何度も足を運んでいるそうですが、特に定禅寺ストリートジャズフェスティバルには驚いたそうです。

石塚さん
石塚さん

こんなにも街の人に愛されて、盛り上がっているジャズフェスティバルがあるなんて!これはもう最高じゃないか!

楽しいお祭りとしてだけでなく、来る人がちゃんと音楽を聴いていることに感動をしたそうです。

「聴いてもらえる環境」があるのは大にとっても心強いのではないか。河原でいつか聴いてくれる人たちにの前に俺は立つんだって思える土壌が、仙台にはあると感じたそうです。

漫画から音が聞こえてくる原作でこその良さ

“音が聞こえてくる漫画”と評される漫画『BLUE GIANT』ですが、なぜ音が聞こえるのでしょうか。

作者の石塚さんによると、者が脳内で音を鳴らしてくれているんだとか。例えば、サックスプレーヤーになりたい少年が草っ原で鳴らす音はこんなだろうなとか、登場人物の感情に合わせた音を想像して鳴らしてくれていると思っているそうです。

そのため作者は「感情や気持ちがない画(え)を描いても鳴らないかもしれない、心の動きを丁寧に描き、人を描こう」と心掛けています。

映画館での迫力のある演奏を楽しんだ後は、原作を読んで、自分なりの大のサックスやJASSのトリオが奏でる音楽を脳内再生してみるのも楽しいかもしれませんね。

映画ブルージャイアントが「ひどい」言われるのは原作との違いか

2023年4月時点で興行収入10億円を突破した『BLUE GIANT』ですが、少数ではあるもののネット上で「ひどい」という意見があります。

概ね高評価の中で「ひどい」と言われる理由はなんでしょうか。まず原作ファンの多くが驚いた変更点から探ってみたいと思います。

『BLUE GIANT』の映画化が企画されてからスタートしたのは2017年だそうです。映像化について原作サイドに打診したのが同年12月。その後2018年に脚本作業がスタートし、そこから2年余りをかけて脚本開発がされたそうです。

しかし、映画では2時間程度にまとめなくてはならず、どうしてもカットせざるを得ないエピソードがあります。

原作からカットされたシーン
  • バイトしてサックスを買おうとするもなかなか貯まらず、兄・雅之がローンで購入してくれた
  • 小さなジャズバーの出演バンドにゲストと出演するも、常連客からうるさいと罵られる
  • 音楽講師の由井との出会い
  • その後、罵声を放った常連客の前で演奏するが、最後まで聴いてくれた

仙台編は本編開始から5分程度で、大が成長する過程のエピソードは大幅にカットされており、原作未読だと知り得ませんでした。

東京編がメインなので致し方ない部分もありますが、大の成長過程を知らない観客にとっては、色々なことがうまく行きすぎていると思うかもしれません。

また、映画には原作にないエピソードがあり、一部のファンからは驚きの声が上がっています。

ラストシーンの改変

“JASS”のメンバーである雪折は、紆余曲折を経て“So Blue”支配人の平に依頼され、代役ではありますが、So Blueの系列店のステージに上がることになりました。

その時の演奏は雑誌にも掲載され、“JASS”が“So Blue”で演奏する足掛かりにもなります。

順調にステップアップをし、いよいよライブが近づいてきたある日の夜、雪折はいつものように交通整理のアルバイトをしていました。しかし、そこに居眠り運転をしていたトラックが突っ込み、雪折は右腕を負傷してしまいます。

大と玉田は二人でステージに立つことを決め、全身全霊の演奏を披露しステージを降ります。

映画ではステージを降りた二人を雪折が母に抱えられながら待っていました。右腕を複雑骨折をし、左腕だけなら弾けると雪折は言います。

「俺たち最高だったな」

アンコールのステージに上がる前、三人は解散を決めます。

ブルージャイアントとは「あまりに高温なため赤を通りこし青く光る巨星、青色巨星という意味があります。そしてジャズの世界では世界一輝くジャズ・プレイヤーを『ブルージャイアント』と呼ぶことがあるそうです。

最後のステージで、“JASS”のトリオは青く光り輝く渾身の演奏をしたのでした。

原作では

So Blueのステージは大と玉田の二人で上がります。

ステージを降りた大は雪折は病室から「解散しようぜ」と伝えられます。これは大が世界へ羽ばたくために背中を押す意味が込められていました。

ちなみに三人の目標だったSo Blueへのステージは、雪折は代役の時に、二人はラストライブで上がることになり、別々ではありますが立つことはできました。

映画と原作どちらが良かった?

原作がある映画ですと、どうしても比べてしまいがちです。

原作を読んでいるファンからラストが変わってて驚いたという声はあるようですが、良かったという声が多いようです。

退院して会場に駆けつけていたのには驚きましたし、複雑骨折してるのに演奏できるのかなぁと、ちょっと心配してしまいます。

しかし、そんな心配をよそに、2時間のなかで3人が頑張ってきた様子を見てきた観客は、最後もトリオの“JASS”で終わって欲しいという願望もあり、感動的な終わり方と捉える人が多かったのではないでしょうか。

原作を読んでても良かったという意見もあり、ラストの改変は概ね受け入れられているようでした。

では、いったい何が「ひどい」と思われたのでしょうか?

3D、CGが「ひどい」との声が多数

映画の4分の1はライブのシーンだそうですが、やはり手書きで全てを表現するのは困難だったようで3DCGが多用されています。

しかし、このCGが妙に違和感があり、そこが気になってしまう人がいるようです。

やはりCGに違和感を感じる方がいるようですが、それを補って余りあるほどの熱量のあるライブシーンだったことが伺えます。

「ひどい」というのはCGに対してが多く、内容に対しては2時間にまとめてあるので、カットしてあっても良く出来ているのではという意見でした。

ちなみに雪折がライブの直前で怪我をするというのが「ひどい」という意見がありました。こちらは漫画の1巻から9巻(1部は10巻完結)までの“JASS”の努力を無駄にしないでほしかったという、原作も含めての感想だったようです。

どんなに高評価の作品でも、色々な意見があります。自分と違った視点を知ることで、別角度から楽しめるきっかけになるかもしれませんね。

ブルージャイアントは3Dはひどいが楽曲が最高

まとめ

映画『BLUE GIANT』は、ジャズの世界で熱く輝いた3人の若者たちの物語です。

ジャズというあまり馴染みのない音楽のジャンルで、原作含め読まず嫌い、見ず嫌いの人もいたかもしれません。しかし、本作は世界的プレーヤーが音楽を担当するなど、かなりの熱量を持って制作をされました。

2023年2月から公開され、4月下旬までのロングランを達成し、近年ヒット作の多いアニメーション映画ではありますが、ジャズという分野からすると異例のヒットと言えるかもしれません。

一部にひどいという意見もあるにはあります。CG部分がそうですし、映画のみでは大の努力の情報が少ないため、大体のことが上手く行きすぎ!(羨ましい)とか、雪折が不憫すぎるといった感想もあります。

しかし、それら不満点を凌駕する演出がありますし、雪折の件も作曲にシフトするという将来への希望も見出せます。圧倒的な存在感のある映画であることは間違い無く、クチコミも含めて熱気が拡がっていったのでしょう。

まずはジャズのリズムに身を任せることが、この映画を楽しむコツかもしれません。ぜひ、演奏の後には拍手をして称えてあげましょう。

ブルージャイアント配信状況

配信サイトU-NEXTHuluABEMAleminoNetflixFODPREMIUMtelasadmmtv
月額料金600円2,189円1,026円960円990円790円〜976円618円550円
無料期間30日31日なし2週間31日なしなし14日間30日間
配信形態レンタルレンタルなしなしレンタルなしレンタルレンタルレンタル
公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト公式サイト
U-NEXTの料金プランや配信コンテンツなど特徴解説 Lemino 概要 dTVとの違い Leminoレミノの料金システム・人気コンテンツやdTVとの違い

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 が付いている欄は必須項目です